akris.ch

  • マイルストーン

    1922年に創業したアクリスは、世界的なファッションブランドに成長しました。3世代続く家族経営によるブランドは今やファッション界では貴重なため、高い評価と信頼を得ています。現在、一流ブランドのほとんどはグローバルなグループの一部として経営されていますが、アクリスは築き上げてきた伝統を大切にし、地域に密着するスタンスを変えることなく成長を続けているからです。長い時間をかけてゆっくりと歴史をきざむ姿勢は変わることがありません。

  • 2015年

    2015年

    中国の上海にブティックをオープン。シティックスクエア、タイムズスクエアモール、ピースホテルのショッピングアーケードの3店舗。

  • 2015年

    2015年

    アルベルト・クリームラーは引き続き、ウイーン国立歌劇場で上演された振付師のジョン・ノイマイヤーによるバレエ「いにしえの祭り・ヨゼフの伝説」の衣装デザインを手がける。

  • 2014年

    2014年

    ロンドンのデザイン・ミュージアムで開催された「Women Fashion Power」展において、モナコ公国のシャルレーヌ妃が着用されたアクリスのドレスが展示される。

  • 2014年

    ウィーンのデザイン・ミュージアム「MAK」の150周年を記念して開催されたエキシビション「Vorbilder」に、アクリスの小さいLEDランプを散りばめた革新的な3ルックが選ばれる。

  • 2014年

    2014年

    アルベルト・クリームラーは、トーマス・ルフの作品からインスパイヤされたコレクションを、デュッセルドルフ・クンストハレ(芸術分野の展覧会を行うための所蔵品を持たない美術館)の洗練された雰囲気の中で披露しました。

  • 2014年

    2014年

    アクリスがパリコレクションに参加して10周年を迎える。

  • 2012年

    2012年

    アクリス社創業90周年を迎える。ニューヨーク在住のヴァレリー・スティール氏の監修のブランドブック「Akris」をアスリーヌ社より出版。

  • 2010年

    2010年

    ニューヨークのバーグドルフグッドマンにて、フォトグラファー、スティーブン・クラインとの15年間におよぶコラボレーションを振り返るエキシビションを開催 建築家、安藤忠雄設計の東京ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHTにて「Akris Over Years」を開催

    アルベルトが、NYのファッション・グループ・インターナショナル(FGI)より「ナイト・オブ・スターズ」を受賞

  • 2009年

    2009年

    初のハンドバッグコレクションを発表 アルベルトが「スイス・デザイン賞(メリット賞)」を受賞

  • 2008年

    2008年

    ドイツ、フランクフルト・アム・マイン近郊の町、オベルトハウゼンの高級ンドバッグブランド、コンテスを買収。同ブランドはホースへアで初めてバッグを作ったことで有名。 ジョン・ノイマイヤーのリクエストにより、アルベルトがハンブルク・バレエ団の「ヨゼフの伝説」の衣装デザインを担当

    アルベルトがスイス文化局より「スイス・グランプリ・デザイン賞」を受賞

  • 2006年

    2006年

    Aアクリス本社のあるスイス、サンガレンにあるテキスタイルミュージアムが、アートとモードをテーマにした展示会を開催。その一環として「Akris Fashions from St. Gallen」(サンガレン発のファッション、アクリス)と題した展示が行われる

  • 2005/06年

    2005/06年

    アルベルトがウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコン ートでのバレエコスチュームを担当。振り付けは監督としてハンブルク・バレエ団を率いるジョン・ノイマイヤーが担当。同コンサートは全世界で放映

  • 2005年

    ニューヨークのバーグドルフグッドマンにアクリス独自のコンセプトでデザインされたショップが誕生

  • 2004年

    2004年

    パリのファッションウィークで、初めてのプレス向けファッションショーを開催

  • 2002年

    日本市場に特化した子会社を東京に設立

  • 1999年

    フランスオートクチュール協会のメンバーに選ばれる

  • 1997年

    1997年

    ボストンに初の路面店をオープン。その後、モナコ(1997年)、デュッセ ドルフ(1998年)、 フランクフルト・アム・マイン(1999年)、パリ(2000年)、ソウル(2000年) ウィーン(2002年)、ニューヨーク(2003年)、ハンブルク(2004年)、ロンドン(2005年)、東京(2011年)、ミュンヘン(2011年)、ダラス(2012年)に路面店を次々とオープン

  • 1996年

    1996年

    デイウェアコレクション、アクリスプントを発表

  • 1995年

    1995年

    フォトグラファー、スティーブン・クライン撮影による初のインターナショナル広告キャンペーンを展開

  • 1988年

    ニューヨークの高級百貨店、バーグドルフグッドマンで販売を開始

  • 1987年

    1987年

    アルベルトとピーターの兄弟が、3代目として正式に事業を引き継ぐ

  • 1986年

    法律と経営学を学んでいたアルベルトの弟、ピーター・クリームラーが入社.

  • 1984年

    アクリスにとって最も重要なマーケットの1つとなる米国での販売を開始

  • 1980年

    マックスとウテ夫妻の息子、アルベルト・クリームラーがデザイナーとして入社

  • 1960/70年

    マックス・クリームラーは、妻ウテのサポートを得て、引き続きビジネスを拡大。テッド・ラピドス、ジバンシィをはじめとする有名ファッションブランドと提携

  • 1950年代

    アリスとマックスの親子は事業の拡大およびヨーロッパ各国との取引を開始し、事業を近代化

  • 1944年

    アルベルト・クリームラー=ショッホが急逝。アリスとアルベルトの息子、マックス・クリームラーが経営に参加

  • 1930年代

    1930年代

    事業の拡大に伴い、新たに25人の従業員を雇い入れる。 アリスの夫であるアルベルト・クリームラー=ショッホが販売部門を担当

  • 1922年

    1922年

    アリス・クリームラー=ショッホが、サンガレンで縫製工房を設立